文字通りの病気|突発性難聴の正体が暴かれる

医者
このエントリーをはてなブックマークに追加

手軽に聴力が補えます

女の人

補聴器を使えば聴力を補えるため、会話がスムーズにできるほか、テレビなど娯楽も楽しめます。聞こえにくさを感じたときは、まずは耳鼻科に相談するとよいでしょう。耳を診てもらえますし、必要があれば自分に合ったものを勧めてくれます。補聴器にはさまざまなタイプがありますので、自分に合ったものが選べます。

Read More..

ストレス社会

ドクター

耳や喉の不調があると、QOLが大きく低下してしまいます。高齢者の難聴対策も進化していますし、まずは新宿にある耳鼻咽喉科を訪れてみてはどうでしょうか。信頼と実績のある医師に診てもらうことで、症状が改善に向かうと思います。

Read More..

突然難聴になったら

婦人

突発性難聴とは、ある時突然、前触れもなく耳が聞こえなくなる状態を言います。片耳だけに起こることが多いのですが、両耳同時に症状が現れる場合もあります。全く聞こえない状態から、耳がなんとなく塞がった感覚があるというものまで、程度もさまざまです。突発性難聴が起こる原因については、ウイルス感染の可能性や、血流がなんらかの原因で妨げられて充分な量の血液が内耳にいかず機能障害を起こしたためという可能性が考えられていますが、どれも研究段階にあり、はっきりとはわかっていません。特に難聴の度合いが軽度の場合は、しばらく放置する患者さんが多くいますが、早期治療が大切です。発生から1カ月経つと殆どの場合改善は見込めないと言われています。おかしいと思ったら、速やかに耳鼻科を受診しましょう。

難聴がある時突然起こり、鼓膜にも異常がなく片耳にだけ感音難聴が確認できるという場合は突発性難聴の可能性が極めて高くなります。また突発性難聴では多くの場合、めまいや耳鳴りの症状が認められます。治療では副腎皮質ホルモン薬やビタミン剤、血流改善薬などの内服薬を処方されることが多いです。それで改善が見られない場合は高圧酸素療法や神経ブロックなどの治療を行います。ただし、治療を受けても完治するのは三分の一で、三分の一は改善は見られるものの完治はせず、残り三分の一は改善しないものと言われています。若い人やめまいの症状があらわれていない人、難聴の程度の軽い人は比較的治りやすい症状になっています。

かかりつけ医の見付け方

診察室

耳鼻科は花粉症だけではなく、風邪などのちょっとした体調不良でも内科よりも専門的に診察してくれるのでかかりつけ医が見付かるととても便利です。特に新宿であれば忙しい現代人には仕事帰りに寄れたりと非常に助かりますので、一度かかりつけ医をまじめに探してみてはいかがでしょうか。

Read More..